SSブログ

映画「ターナー、光に愛を求めて」を観る [映画(た行)]

徳島の大塚国際美術館で存在を知った映画です。

ターナー、光に愛を求めて [DVD]

ターナー、光に愛を求めて [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルバトロス
  • メディア: DVD
あらすじはYahoo!映画さんより。

18世紀末イギリス、若かりしころからロイヤル・アカデミーで評判だった
自由な芸術家のターナー(ティモシー・スポール)は、
インスピレーションを得るために旅に出ることが多かった。
また異色の作風から、画壇や観る者に理解されないこともあった。
そんなある日、助手を務めていた父親が突然他界してしまい衝撃を受ける。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



うーむ。。。。( 一一)


画風だけ知っていて、どんな画家かは全く知識がなかったのですが、
まあ画家も人間だし、、芸術に秀でている分、どこか変わっていても、、
なんて思ってみていたのですが、あんまり明るい人ではなかったのかな、、、
なんて思ったら、だからああいう画風なのかも、と納得しつつ、
あまり人柄には共感できないまま見終わりました。。

最近、美術館に行くと、その画家の人生の流れと画風の変化を楽しむ、
そういう見方をするのが楽しみだったのですが、
ターナーについては、宿屋の主人との出会いで心安らぐものの、
その関係が深まっていくのが見ていてよく分からなかった、、、です。

色や光にこだわりがある画家(黄色系が多いイメージ)ということで、
映し出される風景はきれいだな、
ああ、こういう風景を見てああいう絵を描いたのかななんて思いつつ、
人としてのターナーについてはあまり理解できないまま、
結果的には映画に入り込めず、光を描く画家の映画、としては、
画家の人物像というよりも、おそらく見たであろう風景の再現に感心した、
そんな感想の「ターナー、光に愛を求めて」でありました。



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画