So-net無料ブログ作成

映画「ヘイトフル・エイト」を観る [映画④]

タランティーノ監督作品なのに見ていなかったことに気づき借りました。

Hateful Eight [Blu-ray] [Import]

Hateful Eight [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー: Twc
  • メディア: Blu-ray
あらすじはYahoo!映画さんより。

雪が降りしきる中で馬を失った賞金稼ぎマーキス(サミュエル・L・ジャクソン)は、
同じ稼業であるジョン(カート・ラッセル)と
彼が捕らえたデイジー(ジェニファー・ジェイソン・リー)を乗せた駅馬車に同乗する。
途中で保安官を名乗るクリス(ウォルトン・ゴギンズ)を拾った馬車は、
猛吹雪から避難するためにミニーの紳士洋品店へ。
メキシコ人の店番ボブ(デミアン・ビチル)や
怪しげな絞首刑執行人オズワルド(ティム・ロス)などの存在にジョンが
強い警戒心を抱く中で、事件が起こる。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


長い。( 一一)



3時間弱あるんですが、前半1時間半くらい、まじで寝てしまいそうでした。(笑)



タランティーノ作品というと長尺であってもテンポの良さ、
下品に笑わせて後半まで勢いよく展開していくイメージなのですが、
とにかく前半がだらだらした感じが否めず、見るの止めちゃおうかと思うくらい。

ただ、登場人物がそれぞれどんな人たちか描くのが丁寧というか、
猛吹雪の中、室内で展開する人間ドラマ的なものが長くて、
後半から、時間軸が行ったり来たり、、そのうち、やっと事情が分かってきて、
ああ、タランティーノらしい作品になってきたと思ってからはあっという間。


とはいえ、唯一がっかりしたのは、


サミュエル・L・ジャクソンが
意外に最後まで生きてたこと。



あんな大変な事態になって、なぜ大量出血で死なないのか、
なぜ、途中から呻きもしないで敵を撃ちまくれるのはなぜだという疑問。
ま、一応主役だからね。(笑)


グロテスクな場面が多く、人種差別のセリフだらけで
(まんべんなく差別しているので不公平感はないんだけど(笑))
そういうのが苦手な人には全くおススメしませんが、
タランティーノ作品だから、という気持ちで見られる人には、
前半を我慢しながら見てほしい、「ヘイトフル・エイト」でありました。