SSブログ

青森旅行記2024~三内丸山遺跡編⑤~ [日本の旅(東北)]

屋外で復元された建物や本物の盛土を見た後、ここで一番目立つ建物を見学します。IMG_4540.JPG大型掘立柱建物
よくテレビやJALの青森CM(桜井君でしたっけ)でも登場するこの建物、
発掘調査の成果や柱穴の底の部分にかかっていた土圧の分析結果などから
全体の大きさを推定したもので、柱間と同じ4.2m間隔で床を作り、
3層の建物としていますが、屋根については諸説あることから復元しておらず、

こういう骨組み状態で展示されています。
IMG_4541.JPGド迫力
IMG_4543.JPG復元図
直径2m、深さ2mの柱穴が3個×2列並んで発見されたそうですが、
この間隔は全て4.2m、規則正しく配置されていたという説明に、
どうやって計ったんだろう、、縄文人すげー、ここでもびっくり。
IMG_4544.JPG楽しめました!
IMG_4545.JPG立ち入り禁止の場所によくあるこれ
うさぎやたぬきなどの動物のイラストは観たことがありましたが、
青森は県の形が描かれていました。リンゴのイラストが青森らしいですね。

この後は、来た道を戻って館内に戻ります。
IMG_4550.JPG集落全体のジオラマ
IMG_4551.JPGIMG_4552.JPG
雪でまったくこんな風景は見えませんでしたがジオラマで雰囲気は頭に入りました。
館内に戻ったら隣の建物(あおもり北彩館)に移動して、
IMG_4554.JPG昼酒タイムです(^O^)/
青森県立美術館のカフェもいいかなと一瞬思ったのですが激混みなので
空いていそうなこちらの建物内「五千年の星」というレストランへGO。
(食べログ)https://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2005961/ IMG_4555.JPGIMG_4556.JPG IMG_4576.JPGお昼前なので空いていました
(というかハイシーズンではないのでそんなに混まないような気がする)
IMG_4563.JPG発掘プレートにしようと思ったら
(ご飯の中からアサリの殻が出てきたら当たり、ソフトクリームがもらえる、
 というメニューですが、全員当たりなんじゃないかと実は思っています)
IMG_4558.JPG期間限定メニュー。。
ほたて、食べたいなあと注文してしまいました。
IMG_4562.JPGテーブル番号にも埴輪 
IMG_4564.JPGいただきまーす♪
と呑み始めたらすぐ期間限定のほたてラーメンも運ばれてきました。 
IMG_4567.JPGベビー帆立 たった3粒(:_;)
これで950円かあ。観光地価格なのかインフレなのかよくわかりませんが、ちょっと残念。
スープは意外とニンニクが効いていて出汁の味がせず(業務用かな)、大事な帆立を最後に
3つ一気に食べて終了。
IMG_4560.JPGIMG_4565.JPGそふと栗夢?
幟に書いてあった縄文うどん、どんぐりの粉が練り込んであるそうで、
kouさんが召し上がっているのをブログで拝見して、次回いくことがあれば
このメニューにしようと思っています。
で、訪問時に気になったのは「縄文人もびっくり」というコピー(笑)の
栗ソフトクリーム。
IMG_4575.JPG面白い形ですね。
ここでソフトクリームを盛り付けるのではなく冷凍されていたものをカップを外して
もってきてくれた感じの食感でしたが、ほのかに漂う栗の味、美味しくいただきました。
帆立は少々残念でしたがビールでご機嫌になったところでお会計して、ギフトショップへ。

IMG_4577.JPGIMG_4578.JPGまほろば茶に土偶ガチャ
縄文をつけてなんでも売っている感じもしなくはありませんが世界遺産ですからね。
いくつかお土産を買って、お店のおばちゃんに「青森、今年は暖かいですね」と
話しかけたら、「そうなのよ、今年は本当に雪が少なくてびっくり」と仰っていました。

雪が多くても文句垂れる私ですが、少ないとどこか寂しい、観光客は勝手なものです。
(地元のみなさん、ごめんなさい)
 
IMG_4581.JPG土偶イラストのついたポストを見たら 
IMG_4582.JPGここから歩いて青森県立美術館に向かいます!

(つづく)



タグ:青森
nice!(8)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行