SSブログ

青森旅行記2024~三内丸山遺跡編①~ [日本の旅(東北)]

~~~ヾ(^∇^)オハヨウゴザイマス

年齢なのか夜中に何度か起きましたが比較的すっきり起床した後は
ゴロゴロ支度して朝食会場に向かいました。
IMG_4339.JPG朝からカレー(^O^)/
おかずの種類あまりなかったのですが、野菜やひじき煮、焼き鯖、ソーセージ、
筑前煮、納豆、海苔、カレーに味噌汁とほっとする味わいで満腹。
IMG_4341.JPG部屋に戻ったら既にタオルが置いてあってびっくり
最近のビジネスホテルではよくあるシステムで、ホテルスタッフが部屋に入って、
お掃除&シーツ交換、というのをスキップしてタオルと部屋着のみ交換でお願いして
いたのですが、朝ごはんから戻ったら入口に一式入った袋が置いてありました。
この後、歯みがきしてから部屋出てフロントに向かうと、
IMG_4340.JPG暑がりさん対応?
こういうのを見たのは初めてですが、クレームする人が多いのでしょうか。
外国人観光客、暑がる人がいるかもしれませんね。
と、こういう張り紙を見て驚きながらホテルを出て青森駅へ。
IMG_4343.JPG途中で見かけた喫茶店
モーニングもあるのでこういうところで朝ごはんもよさそうです。
IMG_4344.JPG渋い雰囲気のパーマ屋さん
IMG_4347.JPG青森駅前 津軽そばの立ち食い蕎麦店
ここも一度食べてみたいと思っていますがなかなか機会なく、
朝ごはん会場としてもよさそうですね。
青森駅の改札近くの券売機でSuicaにチャージしたのですが、まだ新築工事中の
駅舎、エスカレータが使えないので階段を上ってチャージしてバス乗り場に戻り、
IMG_4342.PNGこの日の朝9時くらいの気温は1℃
最低気温は-5℃ですが、日中がプラス温度というのは通常より暖かいかも。

大行列の乗り場(青森県立美術館大人気)に並んでバスに乗ったのですが、
殆どが青森県立美術館に行く方なので座れぬまま20分、途中間違って降車ボタンを
押した人がいたのですが誰も下りず、運転手さんが聞いても車内無反応、というのが
3回くらいあったのですが、間違って押したら間違ったすみません、くらい言えば
よいのいなあ、と思ったりしながらの車内、美術館で車内の8割くらいの方がごっそり
下車していってから座ったものの、その後2分くらいで三内丸山遺跡に到着。
IMG_4350.JPG2月中旬にしては雪少なめ
IMG_4352.JPG巨大縄文土器がお出迎え
ここに来たのは2012年が初めてですが、世界遺産に登録されたのは2021年なので、
当時はあまり混んでいなかったような記憶です。
(雪のない時期に行きました)https://utsubohan.blog.ss-blog.jp/2012-09-16-2
世界遺産に登録されると訪問者が増えるものかと思いますが、今回オフシーズン、
同じバスで降りた人も10人くらいで、館内もゆったり見られる雰囲気でした。

(公式ホームページ)https://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/

チケットを購入して中に入ると、外の展示エリアに向かう人が殆どで、
私の周囲には殆ど人がいませんでした。(避けられていた訳ではないと思いたい)
IMG_4354.JPGIMG_4356.JPG
世界遺産に指定されるまでの活動も大変かと思いますが指定された後も
観光客増加の受け入れ体制の整備とか世界遺産の維持など大変なのだろうな、
とぼんやり想像しています。
IMG_4357.JPGIMG_4359.JPGIMG_4360.JPG
ボランティアガイドさんのスタート時間までまだあるのでそのまま展示コーナーに
進みましたが、外の展示エリアに行く時のための長靴(上中の写真)もあったり、
来館者フレンドリーな印象。私は縄文シアターで動画を見てから、
IMG_4361.JPGさんまるミュージアムへ
IMG_4363.JPG久しぶりにお会いした少年と犬
IMG_4364.JPGIMG_4367.JPGIMG_4368.JPG
左から、縄文土器(補完している部分少なめの原型に近いもの)から石棒、骨刀、
IMG_4369.JPGIMG_4370.JPGIMG_4371.JPG
異形石器、岩偶(上中&上左の写真土ではないものもあってびっくり)
IMG_4372.JPGIMG_4373.JPGIMG_4374.JPG
土偶、サメ椎骨製装身具、牙玉。
IMG_4375.JPGIMG_4376.JPGIMG_4377.JPG
ヘアピン、針、加工途中の鹿角と鹿角製ハンマー。
IMG_4378.JPGIMG_4381.JPGIMG_4382.JPG
大型板状土偶、石匙、黒曜石製石槍。
こうやって見ていても、展示品(ほとんど紀元前3000年くらいのもの)の
つくられた時代って今からずっとずっと昔なのにこうやって動物の骨や石、土で
色々な道具を作っていたということに驚きしかありません。

今年観た「掘る女」という映画で、縄文時代に魅入られた女性たちの様子を見て
その情熱すごい!と思ったのですが、あの映画を観てから今回の展示を見ると
掘っても掘っても情熱が覚めない彼らの気持ち、わかるような気がしました。

と、写真をいっぱい撮ったのでまだまだ続きます。

(つづく)



タグ:青森
nice!(9)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行