SSブログ

京都旅行記2020Ⅲ~出発編~ [日本の旅(京都)]

昨年末から今年初めにかけて越年しながらアップしたのが夏休みの京都旅、でしたが、
その2か月後、ちょうど紅葉の頃に再び京都を訪れました。
毎度の後手後手ブログなので(というか一旦遅れると遅れを取り戻せなし)
長らく読んでくださっている方には違和感ないと思いますが(笑)
昨年11月の記事を翌年3月に書いていますので4か月遅れって感じです。
秋の紅葉の京都を梅が咲いている春に書いていてもどうぞお気になさらずに。(^-^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の往復は新幹線。東京駅からスタートです。

以前から知っていたものの時間の余裕がなく訪れることがなかった
新幹線ホーム上の立ち食いそば、東京グル麺さんで朝そばをいただきます。
IMG_0720.JPG18・19番線 13号車のあたり(端っこ)にあります。
(食べログ)https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13098394/
  
IMG_0725.JPG入店 
カウンターのみのお店。
ちなみにJR東海系のお店です。東海道新幹線のホームですもんね。
事前に調べたら、かつ煮そばがイチオシ、みたいな雰囲気だったのですが、
玉子でとじたカツがどどんとのっているそばを朝から食べる元気もなく、  
IMG_0722.JPG無難に天玉
かけそば300円に対して天玉570円。ちょっと高い感じですね。(^-^;
天ぷらそばより季節の天ぷらそばの方が10円安かった記憶なのですが、
値段のバランスって、立ち食いそば屋さんならある程度このくらい、
というイメージがこのお店ではちょっと違う感じ。
(例えば小諸そばの場合、かけ290円、天玉450円)
天ぷらは昔の立ち食いそばってこんな感じだったなあ、という
平たくて揚げおきぽい感じ(多分揚げたものを仕入れているような)、
そばが細め、お汁も関東にしては薄め、さらっと食べられます。
隣のおじさんはわかめそば(きぬさやが入っていて美味しそうだった)、
反対側の隣のおじさんはかけそば(なるとが入っていて羨ましかった)、
当日、かつ煮そばを食べている人は見かけませんでしたが、
新幹線に乗る前にちゃちゃっと食べるにはいいお店です。
って、新幹線、殆ど乗らないから私には貴重な機会、ごちそうさまでした。(^-^)

自分の乗る新幹線は違う番線なのでエスカレータを降りて上って移動して、
ホーム上の売店で車内でのお楽しみを調達します。
IMG_0727.JPGフェア開催中(でも買わず) 
新幹線の乗客数も非常に少ない頃だったからなのだと思いますが、
ホーム上にたくさんあるお店も半分くらいはクローズ。
今回の京都旅、遠出してよいものか直前までかなり迷ったのですが、
京都での約束もあったりして延ばすのも難しいし、なんて思って
バリバリ自衛して出かけるという決心の下出発した私です。
在宅勤務期間中なので所属している部署の代表電話を会社スマホに転送し、
それを持ったまま(有休中なんだけど)旅するというのが面倒ですが、
留守電にしておいて、とれるときに対応するということで上長の了解を
得ているので、その点は無理しなくても大丈夫。
IMG_0728.JPGいただきます♪
エビスビールがなかったので一番しぼりの350ml缶。
(なぜかこの日はロング缶にしなかったのですが理由は思い出せない)
品川に着く前に呑み終わってしまいました。(笑)

新幹線車内はまめに換気していることとちゃんと消毒していることを
やたらとアナウンスしていましたが、在来電車みたいにドアの上部を開けて
風がびゅーびゅー吹いてきて「換気してまーす!」というのが無理なので
(冬場に座るところを間違えると頭部にガンガン風が吹いてきて寒いんですよね)
そういうアナウンスで乗客もホッとする、みたいな感じなのかもしれません。

車内Wi-Fiにつないで、スマホ画面で見ていたのは「ミスター・サンシャイン」。
祇園の中山の女将さんに勧められたNetflixのドラマ、全24話で壮大なのですが、
少しでも前に進んで(といってもこの時点で半分くらいしか見終わっていなかった)
女将さんと話すときに話を盛り上がらせないと、という気持ちでひたすら見ながら、
でも、集中しきれず富士山も気にして右手をちらちら見ていたのですが、
IMG_0730.JPGあれー? 
IMG_0731.PNGいまここ。(富士市) 
IMG_0735.JPG富士山が見えない(;O;)
富士山が見えるか見えないかでテンションがかなり異なる私ですが、
見えそうで見えない思わせぶりな富士山にそんな日もあるわね、と
気を取り直して「ミスター・サンシャイン」をひたすら見ておりました。
旅日記によれば、この時ちょうど「イ・ドンムン」が誰なのか、
見ていて顔と名前がやっと一致したらしいです、私。
(イ・ドンムンは権力に媚びる性悪登場人物)
小さい画面で見ながら名前が似ていて覚えられない登場人物を
やっと覚えられたことが嬉しくて綴っていたようですが、
観ていて胸糞悪くなるほどの極悪人ではないのに、
セコサ爆発で見ていて虫唾が走るような小粒悪人だったなあ、と
この旅記事を書き始めて思いだす私です。(笑)
IMG_0736.JPGよく分からないうちに着いてた IMG_0737.JPGお世話になりました IMG_0739.JPG不二電機工業さん 
京都のメーカーで制御機器などの電気機器を作っている会社だそうですが、
自分の勤めている会社がこういう広告を出すのってちょっと憧れ。
最近利用させてもらっているホテル(チェックイン四条烏丸)に寄って
荷物を預けたらいつもの場所に向かいます♪

日本酒が待ってるるるるぅ~♪



(つづく)




nice!(5)  コメント(2)