SSブログ

映画「電車を止めるな!のろいの6.4キロ」4往復目鑑賞 [映画(た行)]

本日2つめの記事投稿です。
ほぼリアルタイムで昨日の話。(そんなこともたまにある当ブログ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最近YouTubeに紺野美沙子さんも参戦することでひそかに全国区になっているのでは?
そんな気持ちで嬉しくなっているのが銚子電鉄ですが、
コロナ禍で長引く観光客減、応援するにはネットでぬれ煎餅を買ったり、
電車に乗りにいったり(青春18きっぷで今年2回いったのですがそれは後日記事にします)
あとは映画を観ることしかないので、今回4往復目の鑑賞となりました。
なん十回と往復している方もいらっしゃるのでまだ4往復目か、って思うのですが、
私も出来る限りは(DVD販売はまだ先みたいだし(笑))映画館で鑑賞したいと思っています。
電車を止めるな.png

(1往復目は池袋のシネマロサで)https://utsubohan.blog.ss-blog.jp/2020-12-29
(2往復目は竹橋のKKR東京で貸切)https://utsubohan.blog.ss-blog.jp/2021-01-18
(3往復目は千葉の京成ローザで舞台挨拶も)https://utsubohan.blog.ss-blog.jp/2021-03-02

今回は田端のChupkiさんで鑑賞です。
(Chupkiさんのホームページ)https://chupki.jpn.org/

5年前くらいにオープンしたミニシアター、障害を持つ方も楽しめるように
バリアフリーを目指した小さい映画館です。
私自身は、
シンプル・シモン [レンタル落ち]

シンプル・シモン [レンタル落ち]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD
この作品が観たくて上映館を探していて初めて知った映画館、
それから回数券を購入して大規模映画館では見られないような作品を
楽しませていただいています。
IMG_5082.JPG入口もこじんまり
今回、5月初旬に予約していたのですが緊急事態宣言で休館となってしまい、
予約キャンセルになってしまったのですが、
4月下旬にChupkiさんで映画を観たときに「電車を止めるな」を予約したこと、
Chupkiさんで上映してくれてうれしいことを支配人の平塚さんに伝えると、
緊急事態宣言で休館になっても営業再開したときに上映期間をずらして必ず
上映しますから絶対見に来てくださいね!と言われていたので、
5/13から座席間引きで営業再開したと知り急いで予約しました。
無言で鑑賞する映画館がなぜ休業対象になるのか未だに理解できないというか、
映画館に行く人の流れを止めたいのかもしれませんが、
今回の緊急事態宣言も博物館や美術館がダメで演劇は人数制限でOKという、
どういう基準なのか、と思ってしまいます。( 一一)
IMG_5084.JPG今回は一番前の列に着席
いつもだと予約順に入れるのですが、今回はシアターに来た順で
好きな席を指定してそこに座る方式でした。
一番前の真ん中にはまずい棒のTシャツを着たおじさんが座っていて
反対側には盲導犬と一緒に来館されていた中年のご夫婦。
IMG_5085.JPG隣の席にはムーミン
ソーシャルディスタンスです。

(映画公式サイト) https://www.dentome.net/
(銚子電鉄サイト) https://www.choshi-dentetsu.jp/



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ストーリー展開もわかっているので安心しながらの鑑賞となりました。(すっかり慣れ)

一番ツボは自称アイドルのめむたん(演じているのは末永百合恵さん)ですが、
3往復目で舞台挨拶で至近距離で観ることができたコウガシノブさん、
(コウガシノブさんが出演されている「電車を止めるな」朗読劇もなかなかよいです
  https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSea0V7j5axXPt3XMvA00ix-pQcVHlQaBzT93jvCoXpyNFa1DA/viewform
アップで映るとその顔の造作の凄さに驚いてしまう道井良樹さん、
ヒョウ柄おばちゃんと普段のご本人のギャップに驚いた池上恵さん、
どのキャラクターも俳優さんも観れば観るほど親近感が湧いていくというか、
前回の鑑賞後に俳優さんたちのTwitterもフォローして
親近感を一方的に感じているのでキャラクター1人1人に魅力を感じながら見られました。
また、青春18きっぷで銚子に行ったとき犬吠駅の売店近くに置いてあるガタガタ、
(ガタガタについて)
 ガチャガチャは登録商標なので、銚電オリジナルシールが出てくるのを、
 銚子電鉄の経営状況になぞらえてガタガタと呼んでいます。(笑)
袖山さん(車掌)のシールが当たりますように、と、お金を入れたら詰まってしまい、
隣でガタガタのチューニングをしていた柏木さんに「お金が詰まってしまいました」と
話しかけてお金を返してもらったのが今年3月。
スクリーンに映る柏木さん(終盤までは駅員の斉藤さん、その後は柏木常務本人役で登場)
にも異常なまでの親近感を感じてしまいました。(笑)

と、全くあらすじ以外のことで妙にテンションが上がってしまったのですが、
Chupkiさんのバリアフリー対応を今回初めて実感したのが字幕でした。
音の説明もカッコ書きでスクリーン右端などに縦書きで表示されるのですが、
登場人物が複数で会話するときは(名前)セリフ、という表示になるので、
これまで映画に出てくるんだけど名前が分からなかった人の名前がやっとわかりました。

銚子電鉄にこんな社員いるわけないだろう、と思っていた、
長い黒髪でミニスカスーツにパンプス姿の女性が「音無」さんという役名だったこと、
めむたんが犬吠観光ホテルの露天風呂で遭遇する若干セリフ棒読みのお姉さんが
「みちゅみん」という役名だったこと、
あまり目だたない男性駅員が「野々山」さんという役名だったこと、
蓑毛よだつのライバル的存在のお姉さんが「志月」さんという役名だったこと、
字幕のお陰で今回初めて知りました。 字幕に感謝です。(笑)

また、今回の反省点はオーディオガイドを使わなかったこと。
同じく昨日鑑賞した(多分お隣の方かな)方がTwitterでTweetしていらっしゃったのですが、
エンドロールに投影される昔の銚子電鉄の写真の説明なども聞けたらしく、
次回(土日は混んでいるんですがもう1回分なんとか予約できました)は
このオーディオガイドも聞きながら鑑賞しようと思います。

今回、隣に座っていた中年男性、おそらくなん十回と鑑賞されているのでしょう、
序盤からセリフ一つ一つに頷きながら見ているのが視界の端に見えたのですが、
蔵本社長の息子、丑雄のエピソードのあたりで両手を胸ところで合わせながら、
途中、私もうるうるじわってきた後半で隣の男性、嗚咽を漏らしながら泣いていました。
私自身はじわった程度ですが、この男性の泣いてしまう気持ちも分かる気がします。
映画が終わったところで男性が拍手をすると場内拍手に包まれるという、
非常に温かい雰囲気の中で終演しました。
チケット代を支払った時に銚子電鉄の一日乗車券をいただいたのですが、
いつものように竹本社長のお手紙(写)とおとうさんのぼうしが入った封筒は
ないのかな、と思っていたらシアターを出るときにいただきました。
IMG_5083.JPG物販(笑)
もちろん購入しました。
この後、実家に帰ったので京成上野駅まで歩こうかと一瞬思ったのですが、
歩くと1時間かかるみたいなので早々に諦め、田端駅から山手線で移動。
IMG_5086.JPGかしやまさん
ここの天玉そば、好きなのですがお腹が空いていなかったのでパス。
IMG_5088.JPG代わりに野菜スムージー
改札内のジュースバーでいただきましたが、
前日の呑みすぎもこれで相殺された心持です。
IMG_5090.JPG実家にて
婆1号と半分ずつ分けましたが、婆1号、鯖カレー(鯖威張るカレー)が
結構気に入っています。
IMG_5091.JPG竹本社長、達筆です
IMG_5092.JPG
おとうさんのぼうし、メロン味のクリームが美味しいお菓子です♪

小さいシアターで至近距離のスクリーンで愛すべきキャラクターを観ながら
(序盤に本物竹本社長も登場するので拝む気持ちで)
他の観客の皆さんとどこか一体感を感じながら楽しめた
「電車を止めるな!のろいの6.4キロ」でありました。


nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。