So-net無料ブログ作成

寿輔ひとり会で「死神」 [落語&お笑い]

年に一度のお楽しみ、師匠の独演会に行った記事です。

 今年もよろしくお願いします


初めて師匠の独演会に行くようになったのが2006年
その後、打ち上げに参加させていただくようになり、
更に、師匠が参加しているちょっとした勉強会にも参加させていただき、
なんとなく師匠が勉強会に参加している人の一人で、
身近にいる面白いおじさん、っていうポジションになりました。

師匠と握手してドキドキしていたのはもう昔。(笑)

で、今回は師匠から受付手伝ってくれる?と聞かれて、
会社を早めに出て急いで上野広小路亭で受付対応。

IMG_6720.JPG 

勉強会のメンバーも多く来ましたが、師匠のファンの方も多くいらっしゃって、
気分はなんだか後援会の事務方おばさん。(笑)


受付対応だったので前座の林家喜之輔(右左喜さんの息子らしい)の紙切り芸が
見られなかったのが残念ですが、なんとか次の二つ目さんからは見られました。







春風亭 昇也 春風亭昇也さん 
(芸協さんのサイトから写真拝借)


名前からも分かる通り、昇太さんのお弟子さんです。


今回、最前列のど真ん中に小学生の男の子が来ていたのですが、
そんなことも気にせずネタに選んでいたのが「お見立て」。

(吉原の噺(笑))→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E8%A6%8B%E7%AB%8B%E3%81%A6

師匠も時折このネタは話されますが、二つ目さんにしてはしっかりした話しぶり、
小学生男子もなんだか受けて爆笑していました。


この後、

 アマガエル色のお召し物で師匠登場

小学生男子に驚きつつ、かけたネタがしりとり都都逸。

(枯れた枝のところが毎度笑えます)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2009-01-05-1

これも小学生を目の前にやる噺じゃないと思うのですが、
師匠まったくそんなことも気にせずキワドイ内容も都都逸で。


知っているネタながら大爆笑して仲入りし、その後は師匠がもう一席。
ネタは時々聞くことのある「死神」。

今年の4月、新宿の小さい会場でも聞きましたが、このネタ、大好き。

(テケレッツのパ)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2006-07-11

独演会らしく、終盤洞窟にいく場面で、場内の照明が落とされるという演出もあり、
小学生男子の反応も見ながら笑って終了。


そして、打ち上げに参加し、

IMG_6722.JPGIMG_6723.JPGIMG_6731.JPG
師匠の熱狂ファンのM川さん差し入れの日本酒もたっぷりいただき、
二つ目の昇也さんに師匠の昇太さんのことを色々聞いたり、
ぐびぐび飲んでお開き。


受付対応していた関係で、いつものように前から2列目などの至近距離で座れず、
満席の会場の入口付近で遠くからみていたので観客の反応が結構見えて面白く、
こういう参加の仕方もアリなのかと思った、寿輔ひとり会、でありました。



nice!(4)  コメント(2) 

nice! 4

コメント 2

lovin

すっかりスタッフ的目線ですね!
もうドキドキしないんですか??(笑)
by lovin (2017-10-10 10:24) 

うつぼ

lovin姐さん、こんばんは。
ドキドキ、、たまにはしますが、始終、、ではなく。(笑)
それだけ近づけたのかなって思うと幸せです。(^-^)
by うつぼ (2017-10-15 19:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。