SSブログ

映画「彼は秘密の女ともだち」を観る [映画(か行)]

予告編で気になっていた映画、新宿武蔵野館で見ました。

ozon_large.jpg

あらすじは、Yahoo!映画さんより。

親友が死去し気を落としていたクレール(アナイス・ドゥムースティエ)は、
残された夫ダヴィッド(ロマン・デュリス)と赤ん坊の様子を見るために
彼らの家に行くと、亡き妻の服を着て娘の世話をするダヴィッドに出くわす。
彼から女性の服を着たいと打ち明けられ困惑するクレールだったが、
やがてダヴィッドをヴィルジニアと呼び夫に内緒で交流を重ねるうちに、
クレール自身も女性としての輝きが増していく。
 




フランソワ・オゾン監督作品なのでそうそう簡単に話が進まない、
と思いながら見たのですが、それでも自分の想像を超える展開で
最後の最後まで楽しめました。


といても、同性愛に対して少しでも抵抗がある人だと
この作品は何が面白いのかおそらくわからないと思いますので
おススメできませんが。(-_-)


親友の夫ダヴィッドを訪れて最初に女装姿を観たときのクレールの表情は、
見てはいけないものを見てしまった感にあふれているのですが、
だって、その時のダヴィッドの女装、、もう如何にも的で凄いし。(笑)


その後、ダヴィッドとクレールの女性同士の友情が芽生えてくるのですが、
ダヴィッドは女装趣味がありつつ、性同一障害のようなところもありつつ、
でも、恋愛対象は男ではなく女、というこれまた面倒なことが
2人の関係を盛り上げつつ、戸惑いももたらす、、
クレールは親友の夫と2人の時間を過ごすことに罪悪感を感じるのですが、
女装姿のダヴィッドと過ごす時間の楽しさは、
かつて親友と2人で過ごした楽しい時間を思い出させるだけでなく、
女性も愛せる自分にも気づいていく、、、それがドロドロしているわけでなく
非常にさらっとすんなり観客の気持ちをもっていくように思えました。
(同性愛に抵抗ある人は、もう中盤くらいから寝ちゃうと思うけど)

最後は私にはとても素敵な終わり方でしたが
一方で、クレールの夫(イケメン)がちょっと気の毒でした。
(って書いちゃうと結末わかっちゃうかも)

クレールを演じたアナイス・ドゥームスティエが
そばかす一杯でかわいらしいうえに、
脱ぎっぷりがさすがフランス人で(笑)
ダヴィッドとの関係を描いていく上でも感情移入できました。

で、ダヴィッドを演じているロマン・デュリス、
ムード・インディゴ」や「タイピスト」で見ていたのに、
今作では全然違う人に見えました。 ま、それだから俳優なんだけどね。

ダヴィッドの女装が最初は気の毒レベルだったのが、
最後にはごくごく普通に見えました。


そのあたりも、人は幸せだときれいになるのかな、と思わせられたのですが、
PGもついていますし、同性愛に抵抗がある人はどうかな、、、と思いつつ、
私はクレールの可愛さとちょっと不気味なダヴィッドの女装を楽しめた
「彼は秘密の女ともだち」でありました。




nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

cocoa051

これ、観たいです。
by cocoa051 (2015-10-02 18:52) 

うつぼ

cocoa051さん、こんばんは。
ちょっとクセのある作品ですが、面白いので是非!
by うつぼ (2015-10-04 18:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0